SiteMap

住む際に掛かるマンスリーマンションの料金の違い

寝室

マンスリーマンションは、原則的に敷金などが不要な為に基本的には不動産屋などのホームページに記載していた料金を支払えば、契約が始まってすぐに住める事がメリットです。支払い方は、基本的に契約した期間を前払いとして振り込む事が前提です。
一方で賃貸マンションで住む時には、敷金や礼金が10万円から20万円程度が必要で、更に不動産屋が設定した賃料を支払う必要があります。賃料の事を考えると、少なくとも30万円は住むまでに用意しておく場合が多いです。普通のグレードのマンスリーマンションに住む場合は、10万円から20万円程度を用意しておけば良いので、初期費用の事を考えると賃貸契約より楽である事が特徴です。賃貸契約の方が賃料が安いので、1年単位で住む事を考えると、長くても数ヶ月だけ利用する事がお得です。
賃貸契約をした物件に住む場合、家電製品やインテリアの製品などを買う事が必要です。寝具やカーテンなどの購入を考えると、少なくても数十万円程度は用意しておく必要があります。マンスリーマンションの物件を利用する時は、予め調理器具や家電製品が置いてあるので、高いお金を出して家電製品などの生活用品を買わないで良い事がお得です。ガスや電気の費用も利用代に含まれていて、電気会社との契約も行わないで良いです。